安全衛生への取り組み

安全衛生への取り組み

安全で安心な職場形成を目指し、快適職場を形成することを目的に、労働安全衛生マネジメントのしくみを導入し、PDCAに基づく自主的な安全衛生への取り組みを行なっています。

アルバックグループ 調達基本方針

基本理念

当社は、「安全第一」を企業経営の基本理念とし、「元気ですULVAC」を合言葉に、社員の安全と健康を確保する為に安全で安心して働ける職場環境の形成及びULVAC製品・サービスを通じたユーザーの安全と健康を確保します。

方針

当社は労働安全衛生マネジメントシステム(以下OSHMS)を運用し以下の方針に基づき安全衛生管理を実施します。

1.
労働安全衛生関係法令、労働安全衛生関係規程及び行政からの情報、ユーザーからの要求事項を遵守すると共に全社員の協力の下に安全衛生活動を推進します。
2.
安全衛生上のリスクを明確化、定量化する為にリスクアセスメントを実施し、それに基づき目標、プログラムを定め、継続的にリスクの低減を行い労働災害撲滅を実現します。また、アルバック九州全社活動として交通安全活動、および健康管理活動を積極的に取組みます。製品安全関係基準を遵守し、リスクアセスメントを実施し、安全なULVAC製品・サービスをユーザーに提供します。
3.
安全衛生および防災活動の推進を可能とするための組織体制の整備、責任所在の明確化を図ります。
4.
ユーザーへの製品安全教育の実施および協力会社員、従業員への安全衛生教育を徹底します。
5.
グローバル安全委員会による情報を共有し、安全衛生委員会及び安全衛生推進会議による推進活動を活発に行います。
6.
定期的に内部監査を実施し、OSHMSの継続的な改善を実現します。
7.
安全衛生および防災に関する積極的な活動を行い、災害防止に努めます。
8.
本方針の実行に当たっては、適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施します。