真空ポンプ、真空技術を次世代に。アルバック九州株式会社

廃棄物管理

Waste Management 廃棄物管理

アルバック九州は廃棄物の削減、再資源化に積極的に取り組んでいます。
また定期的に廃棄物処理委託業者の視察を実施し、廃棄物管理のリスク低減に努めています。

廃棄物の適正な管理の徹底

  1. 廃棄物処理委託業者、処理施設の定期的な視察

    ⇒ 適正管理がされていること、不法投棄がないことの確認

  2. 社内の廃棄物置場、分別回収の管理徹底

    ⇒ 整理された廃棄物置場 ・ 分別し易いゴミ箱の表示

廃棄物の削減と再資源化の推進

環境目標に廃棄物排出量の削減・有価化・リサイクル化を挙げ会社全体で取り組んでいます。
アルバック九州は廃棄物の有価化に積極的に取り組むことで、廃棄物削減に努めています。

廃棄物の有価化 廃棄物排出量(t)

省エネルギーへの取り組み

アルバック九州は地球温暖化防止の為に、省エネルギーに積極的に取り組んでいます。

使用エネルギー推移(原油換算) CO2排出量(t-Co2)推移と使用エネルギー量

Management of Chemical Substance 化学物質管理

アルバック九州は製品や部品に使用している多種多様な化学物質を適切に管理するとともに、さまざまな角度からリスク低減に努めています。
また、お客様及びアルバックグループのグリーン調達基準に従い、安全な購入及び販売を実現しています。

詳細は株式会社アルバックのホームページをご覧下さい。

アルバックグループ
 グリーン調達へ
  1. 化学物質管理の徹底

    EMSにて化学物質の使用量の把握、製品(商品)安全データシート(MSDS)の運用等を明確にし、取扱、保管管理、及び廃棄について適正な管理を実施しています。

  2. 有害物質全廃活動の推進

    アルバックグループではRoHS指定6物質(カドミウム、六価クロム、水銀、鉛、PBB、PBDE)全廃活動を推進しています。
    アルバック九州は廃棄物の有価化に積極的に取り組むことで、廃棄物削減に努めています。
    ⇒ アルバック九州では、全ての部品のRoHS調査実施及び代替化を推進しています。