真空ポンプ、真空技術を次世代に。アルバック九州株式会社

沿革

1952年

8月

日本真空技術(株)創立(現(株)アルバック)

1977年

1月

九州アルバック(株)設立 資本金500万円

1980年

7月

アルバックサービス(株)設立 大牟田工場開設

1981年

11月

アルバック九州(株)に改称

1982年

1月

増資 資本金2,000万円

1982年

3月

アルバック鹿児島工業団地開設
アルバックサービス(株)
九州地区を分離し、アルバック九州サービス(株)設立
鹿児島工場、熊本工場開設

1983年

9月

アルバック九州(株)とアルバック九州サービス(株)が
合併し、アルバック九州(株)となる
増資 資本金4,000万円
鹿児島工場と熊本工場をそれぞれ、
鹿児島事業所、熊本事業所に改称

1983年

10月

大分出張所開設

1984年

9月

大分事業所を開設し、大分出張所を閉鎖

1985年

1月

鹿児島事業所、熊本事業所増設

1985年

3月

福岡工場開設

1985年

8月

大分事業所増設

1987年

10月

鹿児島サービス工場棟建設

1989年

4月

鹿児島新工場建設(第1期)

1989年

10月

宮崎営業所開設

1990年

9月

大分事業所増改築

1991年

4月

熊本事業所増設

1991年

6月

鹿児島事業所増設(第2期)
大牟田工場閉鎖
加工技術センター開設

1991年

10月

日本真空技術(株)(現(株)アルバック)の
100%出資子会社となる

1994年

5月

国分サービスセンター開設

1995年

7月

長崎サービスセンター開設
宮崎営業所を宮崎CSセンターに改称

1996年

7月

大分事業所ISO9002認証取得
表面処理課新設

1996年

10月

鹿児島事業所増設(第3期)

1997年

1月

大分事業所ISO9001認証取得

1997年

3月

増資資本金1億円

1997年

11月

北九州CSセンター開設

1997年

12月

鹿児島事業所ISO9001認証取得

1998年

8月

熊本事業所ISO9001認証取得

1999年

1月

大分事業所ISO14001認証取得

2000年

7月

長崎CSセンターを開設し、長崎サービスセンターを閉鎖
加工技術センターを熊本事業所に統合

2001年

1月

鹿児島事業所増設(第4期)
日本真空技術(株)を(株)アルバックに改称

2001年

7月

ISO9001全社統一認証取得

2001年

11月

宮崎CSセンター増改築

2002年

1月

福岡工場が福岡CSセンターに改称

2003年

10月

大分事業所を大分CSセンターに改称
熊本事業所を熊本CSセンターに改称

2004年

1月

増資 資本金2億円
ISO14001全社統一認証取得

2004年

2月

鹿児島事業所増設(第5期)

2005年

10月

増資 資本金4億9千万円

2005年

11月

台湾に優貝克光電股份有限公司 設立

2006年

7月

リセールセンター開設
ポンプセンター開設
表面処理センター 鹿児島事業所より分離
鹿児島CSセンター 鹿児島事業所より分離
国分サービスセンター 閉鎖

2006年

8月

熊本CSセンターと加工技術センター 改築

2007年

2月

優貝克光電股份有限公司工場 完成

2007年

3月

鹿児島事業所 増改築

2008年

8月

優貝克光電股份有限公司と優貝克科技股份有限公司が合併、
優貝克科技股份有限公司となる

2008年

10月

洗浄センター開設

2009年

6月

福岡CSセンタ ー 閉鎖

2009年

7月

大分CSセンターが北九州CSセンター大分分室に改称
宮崎CSセンターが鹿児島CSセンター宮崎分室に改称
テクニカルサポートセンターを鹿児島事業所内に移設
リセールセンターの機能をテクニカルサポートセンターに移設

2010年

1月

北九州CSセンター大分分室を大分CSセンターに改称
鹿児島CSセンター宮崎分室が宮崎CSセンターに改称

2010年

7月

営業部門を分離し、アルバックイーエス(株)へ移管

2010年

10月

アルバック精機(株)を吸収合併すると同時に、
サービス技術部門、表面処理部門、洗浄部門を分離し、
アルバックテクノ(株)へ移管
本社所在地を「鹿児島県霧島市」へ移転

2011年

4月

福岡事務所 閉鎖