真空ポンプ、真空技術を次世代に。アルバック九州株式会社

先輩社員インタビュー H・T

先輩社員インタビュー H・T

H・T

生産統括部 製造技術2課

アルバック九州を受けてみたいと思った理由は何ですか?

私は出身が霧島市で、働くならやはり慣れ親しんだ場所で働きたいと思っていました。
当時アルバック九州の存在は知らなかったのですが、父親がアルバックを知っていて教えてくれました。大学では真空のことを特別学んだわけではないけれど、研究室にはアルバックの小型ポンプを使っていたりしたこともあり、少しずつ興味を持ち始めました。それでアルバックのことを調べてみると、歴史があり、真空技術という産業の発展に欠かせない技術の根幹を支えているところに惹かれていきました。地元の鹿児島に、真空技術の最先端工場があることを知り、働くならこういう会社がいいなと思いました。

アルバック九州の入社を決めた理由を教えてください。

採用通知をいただいた日が、偶然私の誕生日だったんです。これも何かのご縁かなと思いました。

現在の仕事内容

現在の仕事内容を教えてもらえますか?

今は、有機ELディスプレイ用のパネルをつくる装置のテスト業務を担当しています。
また出荷したのちお客様先での搬入後、組み立て後の現地でもテストを行います。
入社して1年が経ちましたが、入社して半年後に中国へ出張に行きました。

分からないことは先輩に聞くようにしていますが、その前にまず自分で考えます。考えて、質問して、答えをすり合わせして、行動する。自分の考えだけで行動するとやっぱり失敗します。ちょっと失敗しちゃったなという経験はたくさんあります。
開発要素が高い装置もあったりしますので、経験が一番の勉強かなと思っています。
これまでロボットチームとリークテストチームとアライメントチームを一応経験しましたが、まだまだ勉強中です。

職場の雰囲気はどうですか?

明るいです。課員との会話も多いです。出張が多かったりするとストレスが溜まることもあると思いますが、社内にはリラックスした環境を作っていこうという雰囲気があります。
チームのリーダーもちろんですし、全員が何かあったら声かけあっている。なので報連相もしやすいです。早く出張から帰ってくるぞ!という気持ちになります。

就職活動のアドバイスは?

就職活動で、「自分はこういうことを学んできたからこの道に進もう」っていう気持ちはあると思いますが、そこに固執して、その道しかないんだっていうふうに思い込んでしまうのは、あんまりよくないかなと思います。就職先で過ごす時間って人生においてかなり長いですよね。就職先を考えるという中で、これまでやったことがないという不安で、これから先のことを決めつけるのはもったいないと思います。少しでも興味をもったなら、色々調べてみるのもいいかもしれません。

仕事をする上で学生時代の経験が活かせたことを教えてください。

私は高校まで狭いコミュニティで過ごしてきました。地元を離れて大学に進学し、最初は不安だらけでしたが、広い世界に飛び込むことで自由度が広がり、結果、世間を知ることができました。仕事においても初めての海外出張は不安だらけでしたが、自分の根本的な部分とは違う世界を知ることができ、未知なる部分にも触れてみようかなと思う気持ちが出てきました。何事も経験ですね。

Point

入社を志望される人たちへのおすすめポイントを教えてください。

1つは学びの場が多いです。eラーニングもありますし、アルバックでは学ぼうと思えばいくらでも学べる場があります。安全に関する学びでは、「安全道場」という教室があり、四半期ごとに全従業員が安全に関する教育を受けています。

Point

Future

これから目指す将来像を教えてください。

先輩方の姿を目標にしています。テスト業務でトラブルが起きたときに、理論立てて改善策を出していく。そういう先輩方の姿を目指していきたいです。トラブルを地道に改善していくことの積み重ね。そうやって知識の点を集めて、線を撚り合わせた結果が先輩方が持っている力になっていると思うので、そういう知識を増やしていきたい。そういう柱になりたい。

Future