真空ポンプ、真空技術を次世代に。アルバック九州株式会社

Language

あるむ通信

丸岡公園展望台クリーン大作戦!

環境活動の一環として、SDGs「11.住み続けられるまちづくりを」を意識して、会社の近くにある桜の名所「丸岡公園」の展望台がある丘に、所狭しと植えられているつつじの茅(かや)取りを行いました。当日は晴天に恵まれ、最高の作業日和。総勢32名で茅取りに汗をかきました。

展望台のある丘

つつじの間から生えてきているすすきなどの草を払う作業を「つつじの茅取り」というそうです。この作業を行うことで、来春、つつじがきれいな花を咲かせることができるそうです。

安全唱和

作業に入る前に、製造会社らしく「安全唱和」を行い、足元の危険に注意するため参加者全員で大きな円になって、「足もとよし!」と指差し確認して作業スタート。

野ばらのとげに気をつけながら

この時期の草は乾燥していて、強く引けば抜けやすく、つる性の草も面白いほどよく抜けました。しかし、中にはとげのある野ばらのつるもあり、時々指にちくっとすることもあり、気をつけながら作業を行いました。

1時間の作業が終わり丘を見渡すと、きれいに茅が取り除かれ、来年5月の連休過ぎには、つつじの花が多くの公園利用者の目を楽しませてくれるだろうな、と感じました。

作業をはじめると汗ばみました

今回の参加者には参加賞として、SDGsに関係するフェアトレードのベルギーチョコを配布し、希望者には、SDGsバッチをプレゼントしました。

このイベントには、アルバック、アルバックテクノ、アルバック機工の方々も参加してくださいました。また、企画・作業にあたっては、霧島市横川総合支所殿、丸岡公園指定管理者のきりしまPPP殿のご理解とご協力を頂戴しました。この場を借りて御礼申し上げます。

わたしたちはこれからも、SDGsを意識した環境への取り組みを通して、地域に貢献していきます!

参加者全員で記念撮影!