真空ポンプ、真空技術を次世代に。アルバック九州株式会社

あるむ通信

第18回 山ヶ野ウォーキング大会 !

第18回 山ヶ野ウォーキング大会 ~黄金の郷 史跡めぐり~

第18回 山ヶ野ウォーキング大会 ~黄金の郷 史跡めぐり~ ボランティアスタッフとして参加してきました。3月3日、前日からの雨が心配でしたが、曇天の中、300名を超えるウォーカーたちが参加されました。

私が働いているアルバック鹿児島工業団地がある霧島市横川町の山ケ野地区にあった山ヶ野金山の史跡を歩くというウォーキングイベントです。地域の方々や中学生がスタッフとなり、これまでの歴史を参加者に伝える横川町の一大イベントなのです。
アルバックの先輩方は、第10回からスタッフとして参加させて頂いているそうです。

寛永17年(1640年)宮之城領主である島津久通により発見されたということです。周囲に約3里の柵を廻らし操業が始まったそうで、約2万人が集まったそうです。
明治期には、外国人技師を雇い搗鉱機を輸入し、近代化を図ったそうよ。外国人技師のポール・オージェという方は、月給700円(今の価値に換算すると月給2千1百万円)の高給取りだったらしいわ。
300年を超える期間に、80トンの金を産出し、昭和28年(1953年)に休山を迎えたそうです。

当日、大会前のスタッフミーティング 真剣に実行委員長の言葉に耳を傾けます。

里内の案内風景 私たちは、誘導班を担当しましいた。

ちょっと一息! スタッフにも休息が必要なのです。美人茶屋のぜんざい、美味しかった~

【準備編】2月17日 大会当日に使用する「木札」など 道具づくりを行いました 【準備編】1月20日 金山の歴史や 金山操業の様子を学びました。